五月病対策【リラックス】

春、新入生や新社会人が五月病になり悩まされる事が有る様です。新しい生活が始まり、ストレスやプレッシャーがかかりなるものみたいですが、五月病対策で症状を和らげる為にはリラックスするのが良いみたいです。
リラックス出来ると心に余裕が生まれ、五月病の症状も徐々に和らいでくると思います。そこでどんなリラックス方法が五月病に良いのか少し挙げてみたいと思います。

 

五月病対策3

 

 

【マッサージ】

 

肩が凝ったり、筋肉が緊張したりしてしまうと心身に影響を出してしまう事が有ります。そんな時、マッサージをして筋肉の凝りを取ってあげるとリラックス出来ます。
マッサージ方法は色々あり、お店に行ってやってもらう足裏マッサージ、アロママッサージ、タイ古式マッサージ等でも、整体で身体のバランスを整えてもらっても良いですね。またお家で自分でマッサージをするのも良いでしょう。
お風呂から上がった後にやると効果的ですし、アロマオイルを使って香りから癒されるのも良いですね。ご自分の好きなマッサージをしていきましょう。

 

【入浴】

 

入浴は身体の汚れを落とすだけじゃなく、心身にリラックスを与えてくれる大事な時間です。ぬるめのお湯に長くゆっくり浸かると新陳代謝もよくなります。
リラックス効果を高める為に音楽をかけても良いですし、入浴剤を使うのも良いでしょう、好きなTV を見ても良いですね。のんびりする時間を楽しみましょう。半身浴でマッサージ出来るとダイエットにも良いし一石二鳥かもしれませんね。

 

【呼吸】

 

いつどこにいても出来る、手軽で簡単な方法になのが呼吸法です。呼吸をからだに取り入れる事で気分を落ち着かせてくれる効果があります。気分が落ち着くとリラックスもしやすいですので是非とりいれてみましょう。
呼吸法のやり方についてですが、鼻から息を吸い、口から吐く。と言う深呼吸法です。鼻から息を吸う際にはゆっくりと吸います。そして5 秒間息を止めてください。そしてゆっくりと口から息を吐きましょう。
それを数回繰り返すと気分がリラックス状態になっていきますよ。またリラックスしやすい様に音楽を聴きながら呼吸法を行っても良いでしょうね。

 

【運動】

 

過度な運動ではなく、ウォーキングや軽いジョギングの様にテキドナ運動をする事で凝ってしまった筋肉を解してくれますし、ストレス解消にも繋がります。またオススメの運動としてはヨガも良いですね。適度な明るさでアロマも焚いたりしてやると心身も落ち着いてリラックスさせる事が出来ますよ。

 

【音楽】

 

波の音や森林の音、オルゴールの音等、聞いていて心地よくなる音楽を聴くのもリラックス出来る方法になります。

 

 

五月病対策3

 

どんなリラックス方法を使っても良いと思います。自分がリラックス出来るなと思う方法で良いので、五月病になったからと言ってうじうじせずに元気に生活を送りましょう。

五月病対策【音楽を聴く】

音楽を聴く事も五月病対策として有効だと言われています。五月病になってリラックスする事が必要だと思って音楽を聴く人も多いと思います。

 

自分の好きな音楽を聴く事はストレス解消にとても良いですし、リラックスも出来ますし、心穏やかになる事でしょう。

 

音楽でも激しい音楽ではなくてヒーリングミュージックと言う癒しの音楽は五月病にはとても良いようです。そこで癒してくれる音楽にはどんな種類が有るのかご紹介してみましょう。

 

先ずは「自然の音」ですね。波の音、木々がそよぐ音、風の音、小鳥の鳴き声、虫の声等、自然の音が人の心に心地よく響きます。次に「楽器の音色」ですね。オルゴール、ギター、ピアノ等、優しい音が心地よく心に響きます。

 

アコースティックギターなんて心地よくて眠ってしまいそうですね。

 

次に「クラシック音楽」「映画のサントラサウンド」なんて言うのも良いですね。映画の音楽は映画の内容とか、その時の状況とか色々な事を思い出しながら楽しめますよ。

 

その他にも子守歌や子宮の音等色んな音楽が良いと紹介されています。ヒーリングCD として購入しても良いでしょうし、インターネットでもダウンロード出来ますね。

 

心を落ち着かせる事、ゆったりする事、明るい気分にする事、その時の気分に合わせた音楽を聴く事が五月病対策には効果的です。時間を見つけて聞くのも通勤通学の時に聞くのも良いと思いますよ。こうした音楽の力を借りて五月病を改善させていってくださいね。

 

 

五月病対策3

五月病対策【ハーブ】

ハーブを使う事で心身をリラックスさせる効果が有るので、五月病対策には是非オススメしたい物だと思います。

 

その中でも五月病の症状に効果が有るハーブとしては、セントジョーンズワートと言うハーブで、このハーブの効果はふさぎこんだ気分を明るい気分にしてくれると言う事で五月病対策としてはとてもオススメの物になりますね。

 

古代ギリシャ時代から有るハーブみたいでその時は「悪魔を祓うハーブ」と言う言い伝えも有る位親しまれていたらしいです。軽度から中くらい程度の抗うつ剤と同じ位の効果も期待出来ると言う研究報告も有るらしく、薬より良いと言う事で使われている方もいるみたいです。

 

本当のところはよく分かりませんが、脳内のセロトニンと言う物質が足りなくなる事で五月病の症状が出る様なのですが、この量を調節する働きがセントジョーンズワートのヒペリシンと言う成分に含まれているみたいで、うつ症状が和らぐ様なのです。

 

オススメはこのセントジョーンズワートなのですが、この他にも五月病対策として効果が有るハーブはたくさん有ります。カモミールやバレリアン、パッションフラワーなんかは神経を鎮静させてくれる効果が有りますのでリラックス出来る感じですね。

 

個人差は有りますが五月病の症状って1〜2 ヶ月位で和らいでくると言われています。ちょっと症状が改善してきてやる気が出てきたら何か目標を見つけてそれに向かって行く様にすると気持ちの回復も早いかもしれないですね。

 

五月病対策3

五月病は子供もなる可能性が有るのです

ついつい五月病と言うと社会人や学生がなる物だと思ってしまいますが、最近ではお子さんにも現れる症状だと言われているのです。

 

新学年がスタートし、新しいクラスに馴染む事が出来ず、つい頑張ってしまった結果、やる気がうせてしまって登校拒否に至ってしまうと言うのです。

 

新しい環境に慣れる事は大切です。でも馴染もうと頑張り過ぎず自分のペースで生活をして言う事が五月病の予防法で有ると言われています。そうして行くうちに少しずつ新しい環境に馴染んでいける様になりますので、自分の中で調節しながら進んでいく事が大切となるのです。

 

もし五月病の症状が酷くなっていって長引く様で有れば学校にいるスクールカウンセラーに相談する様にしたり、心療内科で受診をしたりする事をオススメしたいと思います。

 

でも大人だって大変なのに子供にはどうしようも出来ない事も有ると思います。親が言い聞かせたとしても子供はやっぱり一生懸命になると思います。

 

そう言う時には親や先生等、お子さんのそばにいる大人がきちんと見てあげて、体調が悪そうな時には休ませる様にしたり、何か言いたそうな事を察知して話を聞いて挙げる様にする事がとても重要になってくると思います。

 

お子さんは自分の行動を制御出来ない部分も有ります。お子さんの行動がどう変化しているのか、心の変化はどうなのか気付いてあげられる様にする事を目標にすれば良いですね。これは五月病防止だけじゃなく、いじめ問題と言う根深い問題の解決にも繋がる事かも知れませんよ。

 

五月病対策3

五月病は治るのでしょうか

根本的な五月病の治療法、解消法と言うのは存在するのでしょうか。

 

五月病と軽度のうつ病ってちょっと症状が似ている様な感じが有ります。うつ病とは仕事に対するストレス、人間関係に対するストレス等が原因で起こる事が殆どです。

 

五月病に関しても似ていて新しい環境に入り、その環境に馴染む事が難しくストレスを感じて症状を発症する事が多い様です。

 

また自律神経失調症の様にパニックを急に起こしてしまう人もこうした自律神経がストレスを感じてしまった事が原因となって起こる場合が有るそうです。

 

五月病の解消には原因となっている事を解決する事が一番だと思うのですがなかなか五月病を解消させる事が出来ない人も多い様なのです。

 

五月病は直接怪我などをしている訳ではないので周りから本当にそうなの?と理解されにくい所が有るようです。自覚症状も重症化してこないと分からないので気が付いた時には遅いと言う事も有ります。

 

ストレスをキレイに解消しましょうと言っても状況が許されずに時間も取れず、なかなかストレス解消が出来る環境には有りませんよね。

 

五月病になりやすい人は几帳面でまじめな人が多いと言いますから、新たな環境からちょっと逃げてストレス解消をしようと考える人もなかなかいないかもしれません。

 

きちんと治したいのであれば重症化する前に病院で診察を受けるのが一番だと思いますが、自分だけは大丈夫と思わないで普段からストレス解消出来る様なちょっとした方法を考えておくようにしましょう。

 

五月病対策3